So-net無料ブログ作成
検索選択

本白水智也 ブログ アルジェリア人質事件 朝日新聞 情報漏えい [ニュース]

本白水智也氏は、
アルジェリア人質事件で亡くなった
日揮の社員の甥にあたる方です。


本白水氏が1月22日に自身のブログで、
朝日新聞の情報漏えいに対する批判をつづっています。

本白水智也氏のブログ

彼は、1月21日、実名を公表しないという約束で、
朝日新聞の取材を受けたそうです。
その約束を破って、朝日新聞は、
22日の朝刊に本白水氏の実名と
彼のフェイスブックの写真を無断で
掲載しました。


この朝日新聞のやり方に、
怒りをかくせないようです。
ブログには、
「ただでさえ昨夜の発表を受け入れるのが精一杯の私たち家族にとって、
こんなひどい仕打ちはありません。記者としてのモラルを疑います。」
などという朝日新聞に対しての憤りが
つづられています。


菅官房長官が
「被害者の実名は公表しません」
と明言したことに安心していたようです。


ブログには、日本や海外のはっきりしない報道に振り回されたこと、
日本政府と日揮が被害者の家族を傷つけないために
慎重な対応をとってくれた感謝などがしるされています。


特に人質の安否確認のために、
危険な状況のイナメナスに入った
日揮の川名浩一社長と城内実外務政務官、
情報収集のためにイニシアチブをとった安倍首相には、
とても感謝しているとのことです。


アルジェリアについては、
人命よりテロ掃討を大事にし、
まったく話の通じない国と評しています。


今回のアルジェリア人質事件では、
テロに対する日本の無力さが
浮き彫りになりました。


日本政府は、海外での情報収集能力を
もっと強化すべきだと感じました。


朝日新聞には、正直がっかりですね。


昨年も橋下大阪市長の出自についての記事を掲載して、
謝罪したばかりです。


今回は、本白水智也氏との約束を破り、
無断で写真を掲載しました。
無責任で、マスコミとしてのモラルに反する行為ですね。


こういうマスコミの暴走から個人を守るための法律を
整備していく必要があると思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。