So-net無料ブログ作成
検索選択

高見盛 勝敗 引退 おもしろ動画 [スポーツ]

高見盛の勝敗は、
2013年初場所千秋楽を終えて、
5勝10敗となり、幕下陥落が決定的になり、
引退を表明しました。

高見盛 対 高見盛の真似をする4歳児(わんぱく相撲 広島巡業にて)


高見盛は、角界のロボコップで愛称で、
相撲界ナンバー1の人気を誇っていただけに、
彼の引退はさびしいですね。


彼は、現在、36歳で最高位は
小結まで上りました。


1999年春場所で、初土俵を踏み、
2000年7月に幕内に昇進しました。
以来、10年以上も相撲界をもりあげてきました。


日大出身で、アマ横綱にもなっています。


制限時間いっぱいまで行うロボコップのような
独特のパフォーマンスは
多くのファンを獲得しました。


このパフォーマンスには、
彼が障害を持っているのではないかという
噂が流れたりもしました。


そのパフォーマンスだけでなく、
彼の相撲を愛するひたむきな姿勢が、
36歳まで相撲を続けられた理由だと思います。


そのひたむきな態度に、
心を打たれたファンも多いでしょうね。


彼が、相撲界の果たした功績は
とても大きいと思います。


彼が、現役として在籍した期間には、
角界を揺るがすいろいろな事件がおこりました。
角界の腐敗している面などが、
浮き彫りになった時期もありました。


そんな中で、高見盛は地道な努力を積んで
相撲を続けたんですよね。
彼は、角界の精進という古き良き言葉を
後世に引き継ぐことができる関取だと思います。


引退後は、年寄「振分」を襲名し、後進の指導に当たります。


彼の相撲に対する医師を引き継いだ、
素晴らしい精神を持った力士が
たくさんでてくると思います。


高見盛関、これからもがんばってくださいという
エールを送りたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。